ボタンdeアクセ♪

チェコガラスのボタンに出会ってからというもの
ボタンにはまり、ボタンを使ったアクセサリー小物を製作しています。

<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |

    久しぶりの更新

    0
      このブログにも書けないほどのいろんなことがあって、今の職場環境に対してやりきれない思いでいっぱいです。

      でも、この仕事は好き…。

      なんの仕事でも、すごくいい環境ってないだろうし、わがままな悩みなのかもしれません。


      でも、私の中で、確実に何かが変わろうとしています。


      情熱? 意欲? 興味? やりがい?


      あんまり考えすぎるのもよくないかな。


      割りきらないといけないんだろうな…。



      お仕事 | permalink | comments(0) | - | - |

      インフルエンザ流行中

      0
        JUGEMテーマ:仕事のこと





        今年も、インフルエンザがやってきました。

        昨日の勤務では、ほぼ8割が インフルエンザ もしくは

        陰性だったけど 限りなく 疑わしい …



        来院されたほとんどの患者さんに検査を行ったので

        くるくると 目が回る忙しさでした。

        検査キットも底をつきそうな勢いです。



        でも、私の感じたことなんだけど

        なんとなく今年のインフルエンザは

        数年前にくらべて、熱もそこまででないし

        重症感がないみたい。

        先日なんて、熱もなく、ちょっと鼻水がでるくらい

        ただ、体がだるいと言われる方が インフルエンザ陽性だったので

        ドクターのほうが驚いていました。



        そうは言っても、やっぱりインフルエンザは

        風邪よりきついよね。

        感染しないように、ゆっくりできるときは休養しないと。

        元気でこの冬を乗り切りたいです。


        お仕事 | permalink | comments(0) | - | - |

        期間限定品に弱いです

        0
          JUGEMテーマ:グルメ

           


          福岡で有名な 千鳥屋さんのお菓子 「チロリアン」


          JA福岡と作った 「あまおう」というイチゴの チロリアンが

          期間限定で 発売されました。


          いちごの香りがほんわか香って

          いい感じ〜♪


          でも、期間限定だからって、箱入りしかないの…

          おうち用なら、袋入りでいいんだけどな。


          箱って、たまるよね。

          分別ごみとして出すのに

          つぶして重ねて 紐でくくる作業が めんどう。


          無駄な箱は、なくしてほしいです。




           

          おかいもの | permalink | comments(0) | - | - |

          正月勤務がおわって…

          0
            JUGEMテーマ:仕事のこと
             
            4日の夜勤勤務で、お正月勤務が終わりました。

            今年の年末年始は、インフルエンザがさほど流行していなかったので

            比較的楽かな…と思っていましたが

            とんでもない!!!

            かわりに、感染性胃腸炎や 咽頭炎 小児は 肺炎 が多く

            レントゲンや採血 点滴などの処置で

            スタッフは 走り回っていました。


            そんな多忙の中の 電話のクレーム対応

            新年一発目がこれだったので

            一気にテンション ↓↓


            お話を聞いても、ちょっと 納得がいかないクレーム

            でも、どうであっても 気分を害されたことは 確かなのだから

            きちんと説明して謝罪しました。

            あとで、当事者に確認したら、事実とは違っているので

            やっぱりね〜と思いましたが

            ま、これも、私たちのお仕事のうちなのでしょうか。

            だまって打たれる サンドバッグのようだわ

            と、やりきれない思いを感じてしまった正月勤務でした。

            心で話すと きっと 伝わる と信じているけど

            そうもいかないことって あるのよね…

            悲しいけど。



            お仕事 | permalink | comments(2) | - | - |

            正月勤務開始

            0
              JUGEMテーマ:仕事のこと
               


              さて、年もおしせまってきましたが

              今日から、わが職場は お正月勤務に入ります。

              他の病院がお休みの中、24時間ずっと診療するのです。

              今日の午後から 診療スタート!

              私は、スタートから 夕方5時までの勤務で

              あとは、夜勤スタッフにひきついできました。

              帰宅したら、かんたんな鍋料理で夕食…

              かずのこは 塩抜きして 味付けしたし

              明日はお休みなので 買い物や掃除です。

              そして、新年は 元日 ・ 3日 が 日勤

              4日が 夜勤と続き

              ようやく、そのあと 私のお正月です。



              今年は、落ち込むことが多くて、

              もう立ち直れないかな…

              と 離職を覚悟したこともありましたが

              働いていると

              「やっぱり この仕事が好きだな」

              と思います。



              自分にあってるとか あってないとか 悩むよりも

              とにかく体を動かして、患者さんと 接してみる。

              そこから、自分の進む道が みえてくるかな

              と思うのです。

              今日も、忙しかったけど 楽しかった…



              お正月に病気になるなんて お気の毒

              できるだけ 安楽に 早く 軽快されるよう

              全力で 病気と戦うお手伝いをしたいと思います。












              お仕事 | permalink | comments(0) | - | - |

              ほんとうの心遣い

              0
                JUGEMテーマ:仕事のこと
                 

                先日の 勤務中のできごとです。

                私が受け持った患者さんは、めまい・嘔吐が主訴の

                50歳代の女性

                めまいを改善する薬剤を入れた点滴処置をするため

                6人部屋の点滴室へ案内しました。

                点滴処置が終わり、すこし お話していると

                熱性痙攣で救急車で搬送されてきた 2歳くらいの男の子が

                入室してきました。

                火がついたように泣き続け、泣き止む気配がありません。

                熱も高いし、突然環境が変わったので、泣くのもあたりまえなんだけど

                お母さんは、点滴室をでて ロビーに出て行かれました。



                すると、その めまいの患者さんが

                「赤ちゃんは泣くのがあたりまえ…具合も悪いんですもの

                私は全然 大丈夫だから、戻ってくるように伝えてくださいね」



                自分が辛いときに、他人にやさしくできる

                それって、そうそう できるもんじゃない

                私だったら、どうなんだろう

                できるのかな



                素敵な女性に出会えて、考える機会をいただきました。

                ありがとうございます。

                私も、あなたのような女性になれるよう、心がけます。



                お仕事 | permalink | comments(0) | - | - |

                腰をすえて がんばります

                0
                   最近、職場で ドジをしたりして 落ち込むことがいっぱいあって

                  「もうこの仕事も、そろそろ 無理なのかな」

                  と自信がなくなっていました。

                  それに加え、職場の環境も 重症の患者さんが来院することがおおくなり

                  今までよりいっそう 冷静な判断力と 機敏な行動が

                  求められるように なってきたんです。

                  なので、自信がない私にとって、仕事が怖くて怖くて…



                  つい最近、職場でもご一緒する 近所で小児科を開業されている

                  先生から  「手伝いに来てくれませんか?」

                  とお誘いをうけました。

                  なんでも、一人欠員ができて、困ってるとか…


                  毎日ではないので、 お受けしようかと思いました。

                  そして、ゆくゆくは、今の職場をやめて、そちらに移ろうか…



                  でも、よくよく突き詰めて考えてみたら、それは、今の職場からの 「逃げ」になるのではないか。

                  と思い直しました。

                  職場環境が厳しくなってきたから 一人だけ逃げるのではないか…



                  そんなとき、主任さんが、 ある話のなかで

                  「うちの職場のナースは どこのナースにもまけない素晴らしいナースだと

                  胸を張って言える」

                  と言われたんです。


                  その言葉を聞いて、恥ずかしかった…

                  一人だけ、「逃げ」を 考えてた自分

                  楽になることを考えてた自分


                  主任さんにそう言ってもらえるだけのスキルを、もっともっと身につけよう

                  みんなと一緒に、歯を食いしばって 頑張ってみよう。




                  自信なんてぜんぜんないけど、 まだ頑張れるはず

                  自分のため  そして 一番は 患者さんのため


                  毎日に安易に流されず、 日々精進していきます。
                  お仕事 | permalink | comments(4) | - | - |

                  ファンデーションの汚れをきれいに落とす方法

                  0







                    仕事で着用する 白衣

                    いつもは 職場のクリーニングに出すんだけど

                    襟元の ファンデーションの汚れが 取れてないことが あるの…

                    どんだけ、厚化粧やねん 



                    …でね、 定期的に 持ち帰り、もう一度洗ってみたり

                    染み抜きをしてみたりするんだけど、

                    まだなんとなく うっすら 残ってたりして…

                    あんまり効果ないと、やる気も失せるよね




                    先日、なんとな〜く テレビを見ていたら

                    「染み抜きの達人」が 紹介されていて、

                    その中でも、

                     「家庭で簡単にできる 染み抜き」

                    というのに、くぎづけ 




                    カッターシャツのエリ汚れ から 血液のしみ

                    油性マジック はたまた 赤ちゃんのお洋服のしみ

                    なんでも、身近にあるものを使って、簡単にしみぬきができるのね。

                    すご〜い 




                    …ということで、さっそく、長年の悩み 「白衣のファンデーションよごれ」に

                    チャレンジしてみたよ♪

                    使うものは、なんと 

                    ”台所洗剤” と ”クレンジングオイル”

                    お化粧品だからって、まさか クレンジングオイルを使うとは…


                    どちらも原液で 半々くらいに混ぜてから

                    汚れの部分に 塗って、 古歯ブラシで かるく ゴシゴシ…

                    すると、あれ〜 見る見るうちに 落ちていくよ。



                    いままで、手でもみ洗いしたり、漂白剤につけたりしていた手間が

                    バカみたい。

                    こんなに簡単に落ちるんだったら、気も楽だね。

                    ためしに、息子の白いシャツの襟にもためしてみたら

                    Good Good!

                    歯ブラシで軽くこするくらいだから、繊維も痛めないし

                    いいね〜これ。


                    他にも、目からうろこの染み抜き方法が たくさん伝授されてます。

                    染み抜き達人のブログはこちら→ 家庭染み抜きがもっと楽しくなる!シンプル染み抜き方法

                    みなさんも、ぜひ、試してみてくださいね〜




                    JUGEMテーマ:お気に入りサイト紹介
                    - | permalink | comments(2) | - | - |

                    ほっとできる空気感

                    0
                       昨日は、楽しみにしていたイベントへ、遊びに行ってきました。

                      少しづつ、いろんなものを吸収して、成長されている作家さんたちに

                      刺激を受け、自分もがんばらなきゃ!と 気合がはいりました。


                      イベントで偶然 一緒になった クロスステッチ作家さんの ウサギさん♪

                      方向が同じなので 一緒に帰ろう〜ということになりました。

                      私より、お若いのですが、落ち着いた雰囲気の、とてもかわいい女性です。


                      ブログでお話する以外に、ゆっくり時間を取ってお話したことが

                      なかったので、電車を待つ間 乗ってる間中、ず〜〜〜〜っと

                      しゃべりっぱなし 


                      今、どこを通過してるのさえ、気がつかないほどに…

                      仕事の話から 本の話  はたまた 子供の頃のはなし  etc



                      ある駅での停車が 長いな〜と思いながら 気にせず話していたら

                      「あの …  ここ 終点ですよ 」

                      と、申し訳なさ顔の 駅員さんに 声をかけられました 



                      なんと、降車する駅 の 二つ前の 駅が 終点の電車に

                      乗っていたんです…

                      お話に夢中だった私たち

                      気にせず、目の前にきた電車に飛び乗ってしまったんだわ




                      あわてて降りても まだ 話はつきず

                      ちっとも懲りてない私は

                      「このまま ここで待って 次の電車に乗ろう」

                      と言って 話を続けていたのですが

                      気がつくと 隣のホームに お目当ての電車が…




                      あれ〜〜〜〜

                      二人とも、やっと 事態に気がつき

                      今度は ちゃんと時刻表と行き先を確認して

                      違うホームから 正解の電車に乗ったのでした。



                      年上の私がついてながら、なんたる 失態でしょう。

                      でも、二人とも

                      「反対の電車に乗らなくてよかったですよね」

                      なんて、慰めあいながら

                      そんな自分たちに大笑い

                      お腹がよじれそうでした 




                      笑うって、いいことだよね。

                      最近、仕事のことで落ち込んでた私でしたが

                      ほっとできる空気感をもったウサギさんと

                      いっぱいお話できて いっぱい笑って

                      すっごく 元気になれた 一日でした。



                      ウサギさん、ありがとう!

                      また、お話しようね ♪



                      つれづれ | permalink | comments(2) | - | - |

                      相手の立場になって

                      0
                         
                        夏休みも終わりに近づき、2学期がはじまると

                        そろそろ 受験が 現実のものになってくるんでしょうね。

                        先日の勤務では 小児科を受診した中学生の男の子の

                        父親が ドクターに こう質問されました。

                        「今日、夕方5時までに行けば、模擬試験をうけられるんですが

                        行ってもいいでしょうか」



                        この質問

                        実は、よく されるんですね。

                         受験本番や避けられない試験

                         大事な試合

                         ずっと練習してきた発表会

                        などなど…


                        わかります、わかりますとも。

                        親としたら、できたら、行かせてあげたいよね。



                        でも、私たち医療従事者  白衣を着てるものの立場では

                        「行ってもいいです」

                        なんて、言えないのが現実です。



                        そのお父さんも、そのことは十分承知で聞かれたんだと思いますが

                        ドクターは、一応の説明をされた後、小さな声で 付け加えました。



                        「でも、もし、私が親だったら

                        鎮痛剤を飲んで、行け! と言います。」



                        こんなふうに、「医療従事者」の立場を脱して

                        一親の立場で 発言したドクターは あまりいらっしゃらなかったので

                        とっても新鮮で、気持があったかくなりました。


                        ホッとした父親の笑顔が とても印象的で、

                        相手の立場になる大切さが よくわかりました。




                        お仕事 | permalink | comments(0) | - | - |
                        PR
                        RECENT COMMENTS
                        RECENT TRACKBACK
                        CATEGORIES
                        ネコの温度計
                        アクセサリーショップ  アジアンブルー
                        ピアスショップ 「リトルアイ」

                        リトルアイ

                        MOBILE
                        qrcode
                        PROFILE