<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 親の関わり | main | 心理テスト >>
*スポンサーサイト
2018.03.13 Tuesday | - | | - | -

一定期間更新がないため広告を表示しています

*卵の緒
2008.08.20 Wednesday | - | 19:21 | comments(5) | trackbacks(1)
評価:
瀬尾 まいこ
マガジンハウス
気がついたら、もう8月も後半です。
あんなに暑かったのに、朝夕はすっかり虫の声。
秋ですね〜!
いひひ〜イヒヒ やっと、秋〜!

暑いのが苦手な私は、この夏は、毎日暑くてごろごろごろごろ…困惑
しなきゃいけないことはどっさりあるのに、現実逃避して本ばっかり読んでました汗

その中でも、一番心に残ったのは、これ!

「へその緒」じゃなく、「卵」のところがミソです。
なんとなく、わかるかな?
そう、血がつながってない親子の話なの。
でも、この母親のキャラクターがとても好きでした。
本を読んだあと、息子をギュ〜ッと抱きしめたくなりました。

でも、今、そんなことしたら、きっと「うざ〜きもい〜泣き顔
と言われること間違いなしあせあせ


もう一つの話は、血は繋がってるけど、腹違いの姉弟の話。
こちらも、じんわりほっとあたたくなる遠赤外線のような話でした。

「七子と七生」というタイトルで、ドラマにもなったそうで、検索してみたら「DVD]もでてた。
七子役が、大好きな蒼井優ちゃんなので、ぜひ見てみたいな〜と思ってますチョキ


過ごしやすい季節になったし、アジアンブルーも3年目にむけてスタートを切ったところなので、気合を入れなおして活動開始です♪
*スポンサーサイト
2018.03.13 Tuesday | - | 19:21 | - | -
Comment
こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
| 藍色 | 2009/08/10 7:03 PM |
ロマンハートさんへ


ロマンハートさん、こんにちわ!
こちらにもコメントをありがとうございます♪

ロマンハートさんも、瀬尾まいこさん、お好きなんですね。
よかった^^
「やさしい音楽」は読んだことがないので、今度ぜひ読んでみたいと思います。

秋の夜長、じっくり読書いいですね〜。
また、おススメの本とかあったら、教えてくださいね(^_-)-☆
| 一個 | 2008/08/26 10:37 AM |
一個さん、こんにちは!
私も瀬尾まいこさん、大好きです!
以前、瀬尾まいこさんのやさしい音楽を読んで、
家族間の愛情とかを感じられて、いっぺんで
好きになりました。卵の緒もぜひ読んでみたいです!
| ロマンハート | 2008/08/25 10:55 PM |
風船かずらさんへ


風船かずらさん、こんにちわ!

こちらも見てくれてうれしい〜(^-^ )
ありがとう!


いつの間にか、夜、窓をあけたら肌寒く感じるようになりましたね。
長袖なんて、考えたくもなかったのに…季節の移り変わりってあっという間だね。

前の記事も見てくれたんですね。
採血台の話…実際にこんなこといっぱいあるんですよ。
書けないのも、いっぱい^^;

なので、看護師やってる人って、やっぱどこかしら捉え方が人とは違うように思います。


ヘブンリーブルー、蒔く時期も遅かったせいか、まだ花をつけません。よく見たら、カメムシの小さいのとアブラムシがいっぱいついています。
過ごしやすくなったのは、虫も同じなのね〜(泣)

花が咲いたらお披露目しようと思っていたのに、だめかも・゜゜・(/。\)・゜゜・.
| 一個 | 2008/08/21 8:44 AM |
こんばんは〜
こっちに来ちゃった^^。

なんだかんだで、夏も終わりに向かってますね。
朝晩は薄寒いくらいの日もあります。
今夜も、先ほど降った雨のお陰で涼しい〜〜
長袖のパジャマか半袖のパジャマか・・・?みたいな^^

今、前の記事読ませてもらって、
採血の台に乗ろうとした方のお話、
ケラケラ笑いです。笑っちゃ失礼だけど。
色んな方がいるもんですね。
なんて、私もいつ何時そんな事仕出かすか?
気をつけよう〜。
| 風船かずら | 2008/08/21 12:03 AM |
Send Message









Trackback URL
http://blue1515.jugem.jp/trackback/101
Trackback
卵の緒 瀬尾まいこ
まったく新しい家族のあり方を軽やかに描く第7回坊っちゃん文学大賞受賞作。 二部作品。表題作は血の繋がらない僕と母。 とても深い愛が...
| 粋な提案 | 2009/08/10 7:00 PM |