<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
*どうしても嫌いな人
2011.08.13 Saturday | | 22:26 | comments(0) | -



題名からして 惹かれるよね〜 


ブログ友が 記事で紹介していたので、 図書館から借りてきて

読んだのだけど 、 読む進めるうちに

「あ〜 そうそう  … いるいる こんな人 …」

なんて、ひとり言をいうくらい 共感して

すーさんと 一緒に 重く苦しい気持になっちゃった 



いい人、になるつもりはないんだけど

どうしても、 我慢してしまう。

悪く言えば、自分に正直じゃない



すーさんも、途中で気がつくのよね。

誰かを嫌いな自分

そんな自分が許せなかったんだ〜。


誰かを嫌いな自分を 認めてあげること

嫌いでもいいんだってね。





だれだって、相性ってあるし

何が悪いわけでもないけど、あわないものは

あわないよ。

これって、仕方ないんだよ。





ずいぶん、前のことだけど

患者さんに誤解を受けて怒らせてしまったことがあってね

いくら説明しても、全然 わかってくださらなくて

それどころか 烈火のごとく 怒りが増大して 

手がつけられなくなったことがあったの。

もちろん、こちらに全く非がないわけではないから

心から謝罪したのだけれど

私の言葉は 届かず…

ものすごい憎しみの目でにらまれた。


このままでは治まらないようだったから

ドクターに説明をしてもらったのだけど

そのドクターも、患者さんの剣幕におされ

結局 「看護師が悪い」 と 言ったの。



もう、なんか 悲しいやら 悔しいやら…

そして、他人に、あんな憎しみの目で見られたことって

生まれて初めてだったので、その視線が脳裏に

焼きついて 思い出すたびに 胸が苦しくなった 



「でも、やっぱり 私が悪いんだから」

そう思って、反省して 忘れようと努力したけど

そのうち、夕方になると 毎日 じんましんが 出るようになった。



そんな私に、同僚の一人が 言ってくれた。

「あんたは悪くないよ。 思ったこと、悪口  いっぱい吐き出してごらん」



ここに 書けないくらい、 いっぱいいっぱい 吐き出しました 

それはそれは 自己中な いいわけ ばかり だったかもしれないけど

すっきり しちゃったの (笑)

それからは じんましんに悩まされることが なくなったのは

言うまでもありません。



だれにでも ブラックな気持はあるのです。

心を許せる人に 聞いてもらえるって、本当に 幸せなことなんだな…

そして、今度は私が 聞いてあげれる人に なりたいな…



悪いことがあったからこそ、大切なことに 気がついた

そんな 貴重な 経験でした。




*7月に読んだ本
2011.08.02 Tuesday | | 13:20 | comments(0) | -
7月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:868ページ
ナイス数:57ナイス

往復書簡往復書簡
湊さんの描く人間のドロドロしたものがちょっと苦手な私でしたが、この本は最後にほっとするあたたかさがあってよかったです。 あいさつや近況などの軽い内容から 徐々に本題にはいっていって、時には本音が爆発したりして、そんな感情の移り変わりが伝わってきて、とてもおもしろかったです。
読了日:07月19日 著者:湊 かなえ


武士道エイティーン武士道エイティーン
ふたりの武士道はまったく違っていて、香織のほうは少々乱暴だな…と思っていたけど、桐谷道場の話がでてきて、なんとなくわかったような気がした。そして香織も成長とともに、早苗をはじめ周りのみんなの武士道を吸収し、じぶんなりのものに確立していってると思った。装丁のように、今は別々の道へ歩むかもしれないけど、きっと先ではまた交わることを期待しています。


読了日:07月08日 著者:誉田 哲也
あした咲く蕾あした咲く蕾
題名はこういう意味だったのね…朱川さんの本を読んだ後は、いつもぼんやり想像できる。こういう時間がとても好きです。
読了日:07月05日 著者:朱川 湊人

読書メーター





やっぱり、7月は 忙しかったからね…

時間というより、心の余裕がなかったな。



もうすぐ 「神様のカルテ」 が 公開されるから

観にいきたいな〜。

さて、SALEの発送も あと一息

頑張ったら、私にも 夏休みが 来るのです 

あ〜何しようかな…

とりあえず、ゆっくり ぼ〜っとしたいな 
*3月の読書記録
2011.04.01 Friday | | 09:50 | comments(0) | -

JUGEMテーマ:読書

3月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1506ページ

わたしのワンピースわたしのワンピース
行く先々の自然が 真っ白なワンピースの柄になるってお話。 もともと、模様って自然の模倣なんだ…自然への崇拝や憧れを忘れかけている私達。 今こそ原点にもどらないと…と思わせてくれた本でした。
読了日:03月28日 著者:にしまき かやこ
キケンキケン
男っていいな〜♪ってうらやましくなった本。
読了日:03月28日 著者:有川 浩
ポポくんのミックスジュース (PHPにこにこえほん)ポポくんのミックスジュース (PHPにこにこえほん)
ミックスジュースが虹色なんて 素敵〜♪成功も失敗も、全部足したら、大成功(^-^)/ うれしいことも悲しいこともみんなで分け合って、みんなで笑顔になりたいね。
読了日:03月28日 著者:accototo ふくだ としお+あきこ 作/絵
武士道セブンティーン (文春文庫)武士道セブンティーン (文春文庫)
う〜〜ん、いいね。大好き♪ ストロベリーナイトを書いた人と同じだとは信じられません^^; 作家さんてすごいな。 セブンティーンから読んでしまったので、今度はシックティーンを読んでみます。 私は武道はやらないけれど、「武士道精神」見習いたいな。
読了日:03月18日 著者:誉田 哲也
ブレイズメス1990ブレイズメス1990
天城先生のキャラが強すぎて、ちょっと引いてしまった感が否めないけど、作者の言おうとするところは伝わってきた。でも、「チームバチスタ」に出てくる 桐生先生…私の中での クールガイのイメージが、ガラガラと崩れてしまいました(笑)
読了日:03月16日 著者:海堂 尊
3年後のカラダ計画3年後のカラダ計画
おススメの美容法を全て試せるわけではないけど、自分をみつめるいい機会になりました。 3年後 懸命に咲いていられるように頑張ります。
読了日:03月05日 著者:槇村 さとる
のぼうの城のぼうの城
のぼうの魅力とはなんなのか…わかったかと思ったら、そうでもなかったり。でも一つだけいえるのは、自分に正直なことなのかな。 大人になると、周りのことを考えて、自分をおさえることを学ぶから。
読了日:03月05日 著者:和田 竜

読書メーター





3月の特徴としては 「絵本」かな…

ほっこりしたかったんかな

選んだ本を見ると、そのときの自分の心理状態が、わかるような気がしますね (笑)

   

4月からは ちょっと ゆっくりできそう〜。

ぼちぼち おでかけも しようかな 
*遅ればせながら…12月に読んだ本
2011.01.07 Friday | | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0)
12月の読書メーター


JUGEMテーマ:自分が読んだ本
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:538ページ

京大芸人京大芸人
やっぱり頭のいい人は効率のいい勉強方法もしっかり持ってるんだなあ。私は、最初からきっちりやっていかないと気がすまなかったので、半分以上は遣り残して試験に望んでいました^^;宇治原さん、クイズもいいけど、勉強法の講習をやってほしいな…♪
読了日:12月18日 著者:菅 広文
和菓子のアン和菓子のアン
今のように情報も娯楽も少ない時代に、和菓子ひとつにしてもこれだけの遊び心があるんですね。そう考えたら、今は情報があふれすぎているからそんな心の余裕がないのかもしれません。昔の日本人の生活や気心が垣間見えて、感じ入りました。すぐに上生菓子を買いに走ったのは、言うまでもありません(笑)
読了日:12月09日 著者:坂木 司

読書メーター



新年あけましておめでとうございます。

このブログも、すっかり読書の記録になりつつありますね。

でも、そんな感じですが、のんびりボチボチ続けたいと思いますので

よろしくお願いします。



昨年末は、イベントが2件と、アジアンブルーのプレゼント企画と、とても慌しく

読書どころではなかったので、読んだ本も たったの 2冊です。

この2冊は とても読みやすく、一気にさくっと読めたので、いい気分転換に

なりました(笑)

特に、「和菓子のアン」は、おもしろかったのでおススメです。

それに、読んでるとおなかがすいて、和菓子屋さんに行きたくなりますよ♪






お正月の勤務は、増員体制とはいえ、やっぱりとても忙しく、お昼ごはんは

一人20分交代の慌しさでした。

でも、おととしの新型インフルエンザが大流行した年に比べると

まだ 楽なほうでしたが…

心疾患などの重病なかたがいらっしゃらなかったことだけが救いです。


でも、年々、体がついていかないな〜って感じています。

今年は特に、足に疲れがきまして、

「足が棒」

って、まさしくこんなかんじなんだろうなって思ったお正月でした。

理学療法士を目指している次男に、足をマッサージしてもらいましたが

「ここは、〇〇筋  ここのすじは …」

などど、覚えたての知識を披露してくれて、ちょっとうるさかった(ゴメン)です ^^;


でも、おかげで、3日間 乗り越えられたよ…

息子よ、ありがとね (^_-)-☆




*10月の読書記録
2010.11.09 Tuesday | | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0)
JUGEMテーマ:自分が読んだ本
10月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2318ページ

体温を上げて病気にならないかんたん野菜レシピ144体温を上げて病気にならないかんたん野菜レシピ144
よく使う野菜って、体をひやすものが多いのにびっくりしました。素材の味を大切にして、簡単にできるものが多かったので、チャレンジしやすいかも。毎日の食事は大切ですものね。
読了日:10月19日 著者:石原 結實,重信 初江
高砂コンビニ奮闘記 -悪衣悪食を恥じず-高砂コンビニ奮闘記 -悪衣悪食を恥じず-
もちろん何の職業もそうだけど、特にサービス業はすっごく大変ですよね。そう思いながら読んでいても、なんだかこの作家さん、貧しさに疲れていらっしゃるのかな〜って思わされてしまって、最後のあたりは読み流してしまいました。
読了日:10月19日 著者:森 雅裕
謎の転倒犬―石狩くんと(株)魔泉洞 (創元クライム・クラブ)謎の転倒犬―石狩くんと(株)魔泉洞 (創元クライム・クラブ)
へぇ〜っ、柴田さんってこんなものも書くんだ…とびっくり! キャラクターが素敵で軽く読めましたが、とかちくんのくだりがちょっとしつこかったかな。
読了日:10月16日 著者:柴田 よしき
任侠学園 (ジョイ・ノベルス)任侠学園 (ジョイ・ノベルス)
男気のある正しいヤクザさん「阿岐本組」は、とても格好よくて、ちょっと「水戸黄門」みたいな爽快感も♪でも、さすがに、最近の若者の扱いには、四苦八苦していましたね。このシリーズ、軽くさくさく読めて楽しいです。
読了日:10月10日 著者:今野 敏
ガラスの麒麟 (講談社文庫)ガラスの麒麟 (講談社文庫)
自分をガラスのキリンにたとえた麻衣子ちゃん、その一人ぽっちという感情は、感じ方は違ってもだれでも持ち合わせてるものだと思った。彼女にも、もっと早く、神野先生や由利枝さんと同じように、そのガラスのような心を温めてくれる人に出会って欲しかったな。
読了日:10月09日 著者:加納 朋子
かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
万城目さんって、子供の心にも猫にも犬にもなれるんだなあ…。不思議な作家さん。だれの心にもある子供の頃の記憶がふわぁ〜っとよみがえってくるそんなお話でした。
読了日:10月06日 著者:万城目 学
ケンタロウの早うま野菜レシピ―HAWAIIのコンドミニアムで作ったレシピ付きケンタロウの早うま野菜レシピ―HAWAIIのコンドミニアムで作ったレシピ付き
テレビで見るほんわかケンタロウさんとは違って、芯が一本しっかり通ってる料理研究家としてのケンタロウさんが垣間見えるような本でした。もちろん、作ってみたいレシピもいっぱい!あと、ケンタロウさんの本は、料理の写真がとても好きです。
読了日:10月05日 著者:ケンタロウ
笑酔亭梅寿謎解噺笑酔亭梅寿謎解噺
まず、装画があまり好みではなかったんだけど、最近落語に興味があったので読んでみた。話はどれも爽快でさくさく読める。でもねぇ、やっぱり梅寿師匠の暴力加減にちょっと引いてしまうかな…。
読了日:10月04日 著者:田中 啓文
シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
有川さんの描く男性って、女性がぽ〜っとなる理想の男性像のような気がしますね。そうわかってて、ぽ〜っとなりたい私です(笑)
読了日:10月01日 著者:有川 浩

読書メーター



結構 読んだんだな…
自分でも、びっくり !


そろそろ、寒くなってきたから、体温をあげる食材を食べないといけないんだけど…
しょうがって、胃が痛くなるのよね^^;




そろそろ、私の住む地域でも、インフルエンザが出た模様
今年は 流行らなければいいんだけどな。

お祈りしてよう〜っと ^^v
*7月に読んだ本
2010.08.05 Thursday | | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0)
JUGEMテーマ:自分が読んだ本
7月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1892ページ


お前、おもろい芸をする 出雲の神と僕の八十八日お前、おもろい芸をする 出雲の神と僕の八十八日
「夢をかなえるゾウ」の日本版ってとこかな?主人公は一回死んでるんだけどね。強い意志と女性には、神様も弱いってことかな。
読了日:07月20日 著者:川村 誠一
とせい (中公文庫)とせい (中公文庫)
今野さん、こんなものも書くんだ〜と驚いた作品です。私的には、嫌いじゃない。むしろ男気って好きかも…。弱小博徒「阿岐本組」でも、実はとても偉い親分さんで…ちょっと「水戸黄門」のようなおもしろさもあると思う。
読了日:07月13日 著者:今野 敏
AnotherAnother
みんなのコメントで「厚いけどさくさく読めた」というのがよくわかりました(笑)「もうひとり」がだれなのか早く知りたくて一気に読んでしまいました。なんとなく、こわがらせよう〜感が否めなかった。海外に行ってる父の記憶までは操作できなかったのかな?
読了日:07月09日 著者:綾辻 行人
横道世之介横道世之介
読み進めていくうちに、世之介のキャラクターの魅力に引き込まれていきました。どこにでもいそうで、いないような、そんな大学生。大学生活って経験したことないけど、この4年間での出会いや経験がこの先の人生にかなりの影響をもたらすんだろうなあと思いました。
読了日:07月05日 著者:吉田 修一

読書メーター


7月は4冊…すくなっ^^;

でも、この暑さじゃ、本も読む気にならないのよね〜。

アジアンブルーのSALEもあったし、なかなか読書の時間がとれなかった7月です。


*6月の読書メーター
2010.07.05 Monday | | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0)

6月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2527ページ



今月は、「有川浩」月間だったな〜。

それにしても、加速度がついて、よく読みました。

っていうか、現実逃避!?

本、読んでる場合じゃないんだけど…

ま、いっか ^^;






ひろいものひろいもの
変われたらいいな〜じゃなくて、「変わりたい」と強く思えば、変われるんだ!そう思わせてくれた作品です。前に読んだ「ひなた弁当」にも言えることだけど、自分の目標に向って頑張ってる人って、輝いて見えますね。私もそうなりたいなって思いました。
読了日:06月30日 著者:山本 甲士
青空の卵 (CRIME CLUB)青空の卵 (CRIME CLUB)
主人公たちのキャラクターが際立っているので、入り込みやすかった。でも、ちょっと感情的?すぎかな〜。鳥井の料理が食べてみたくなりました。
読了日:06月29日 著者:坂木 司
空の中空の中
夏空を見上げていたら、「もしかして、白鯨のような生物がいてもおかしくないかもね〜」なんてふっと思ったりして…空想の世界が広がって、とても読みやすい本でした。
読了日:06月22日 著者:有川 浩
おかえし(こどものとも絵本)おかえし(こどものとも絵本)
律儀にお返しをする日本人の風刺かな〜でも、ほほえましかったです♪
読了日:06月18日 著者:村山 桂子
レインツリーの国レインツリーの国
わかってほしいから、ぶつけてみる。そんな彼女の気持に辛抱強くつきあった伸は、彼女のことがほんとに好きだったんだなと思った。
読了日:06月17日 著者:有川 浩
図書館戦争図書館戦争
ありえない設定にとまどうのかな〜と思ったら、なんのなんの、数ページでもうどっぷりはまっていました。有川さんの本は登場人物がとても個性的で魅力的ですね。
読了日:06月15日 著者:有川 浩
海の底 (角川文庫)海の底 (角川文庫)
空〜がかわいかったので、いきなりのレガリスは怖かった^^; その夜、大きなエビが夢に出てきてしまいました(泣)
読了日:06月10日 著者:有川 浩
ひなた弁当ひなた弁当
自分を信じて好きなことを自分のためにやれる人は、輝いていますね。
読了日:06月03日 著者:山本 甲士

読書メーター
*5月に読んだ本
2010.06.03 Thursday | | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0)
5月の読書メーター
  読んだ本の数:4冊
  読んだページ数:1166ページ

植物図鑑植物図鑑
植物のエネルギーに癒される。やっぱ人間も同じ生き物なんだと思い知らされる。
読了日:05月31日 著者:有川 浩
ひかりの剣ひかりの剣
バチスタシリーズのサイドストーリーとしてならいいかもしれないけど、、これだけ読むにはちょっと物足りないかも。
読了日:05月17日 著者:海堂 尊
フライ、ダディ、フライ (The zombies series (SECOND))フライ、ダディ、フライ (The zombies series (SECOND))
舜臣くんの強さにはそういう背景があったんだね、おじさんを特訓しながら、彼も優しさやあたたかさをもらえたんじゃないのかな。
読了日:05月07日 著者:金城 一紀
ランナーランナー
え?そこ?って思わずつぶやいた奥の深い作品。でも、おもしろかったけど。
読了日:05月01日 著者:あさの あつこ

読書メーター



今月は 4冊

ちょっと少なかったかな^^;


「フライダディ…」は、おもしろくて、すぐに読めました。
映画化されてるので、こっちも観てみようかな。
けど、原作を読んで映画を観ると、がっかりすることが多い。
自分の中で作られた像みたいなものがこわされるからかな…。
なので、映画を観るのは躊躇するのです。


もうすぐ、湊かなえさんの 「告白」も封切りですね。
これは、じわ〜〜と怖い物語です。
読後感が、悪かった。
映画はどうかな?


有川浩さんの 「植物図鑑」
花壇に咲いてる花より、道端の草花が好きな私には
うってつけの本でした。
でも、食べたことはなかったな。
この人の恋愛話はちょっと甘くて、くすぐったい感じ。
女性が「こうあってほしい〜」という男性像が描かれているような…
なので、男性から見ると、
「んな奴、いるかっっ」
って思うかもね(笑)
*<4月の読書メーター>
2010.05.05 Wednesday | | 10:57 | comments(2) | trackbacks(0)
JUGEMテーマ:自分が読んだ本




やっと、GWの3連勤が終わりました。

今日は連休最終日…。

たまりにたまった家事がありますが、今日くらいは目をつぶって

ゆっくり読書でもしようと思っています。

記録の意味で、<4月の読書メーター>を 記載しておくことにします。

4月はさすがに、あんまり読めませんでした…。

感想もありきたりだし^^;

ま、無理せず、読みたいときに〜ですね。



ところで、最近、有 川 浩にはまっています。

塩の町に続いて、自衛隊3部作と言われる 「空の中」「海〜」と続きます。

この作家さんのSF的な話の展開に、どんどん話の中に引き込まれていきます。

しばらくは、有 川 浩三昧かなあ〜(笑)




<4月の読書メーター>

読んだ本の数:3冊
読んだページ数:978ページ

フリーター、家を買う。フリーター、家を買う。
フリーターのサクセスストーリーだと思っていたら、なんのなんの結構読み応えがあっておもしろかった。
読了日:04月27日 著者:有川 浩
塩の街塩の街
一気に読んでしまいました。ひさびさに引き込まれた感じです。
読了日:04月17日 著者:有川 浩
ボトルネックボトルネック
読了日:04月09日 著者:米澤 穂信
う〜ん、話の内容は奇抜でおもしろかったけど
読後感があんまり良くなかったので、もう読まないと思う。

読書メーター
*ホルモー〜〜〜!
2009.04.20 Monday | | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0)
JUGEMテーマ:日記・一般

なんだこりゃ?ホルモン?それとも、ホ○?
…というような題名なので、おそるおそる読み始めました。



でも、私だけでなく、やっぱりそんな人がおおいんでしょうね。

最初に、「ホルモー」の説明が…(笑)



「ホルモー」という、掛け声?叫び声?

説明をいくら読んでもいまいちピンと来ない…^^;

訳がわからないまま、読みすすめていくうちに、どんどんと引き込まれていって

気がつくと、お腹をかかえて笑っていました。


と・く・に

奉納の舞が絶好調に達し、白いパンツが空に舞う所

見たいような、いえ、見たくないような



もうすぐ映画化されて公開されますが

これも、見たいような見たくないような…。

あの、鬼達 どんな感じに表現されているんだろう

茶巾絞りを表現するのはきっと難しいだろうな。







| 1/1PAGES |