医療職のかたわら、趣味で始めたアクセサリー作り…
イベントやハンドメイドショップへの出品など、活動をつづけています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
詰めが甘いが原因

他のブログには絶対に書かないことだけど、このブログには吐き出します。

ダメダメナースの私は昨夜、自分のミスでドクターから注意され、すごく凹んでいます。

私のせいなのに、同僚のナースにまで文句を言われたらしく、後で聞いて、ひたすら申し訳なかったと思っています…


患者さんにはご迷惑かけることなく、無事に点滴がおわり症状も改善され帰宅されたから良かったのだけれど、ドクターの言われることは当然なので、反省して気を引き締めて頑張りたいです。

仕事のミスは、仕事で取り返すしかありません。



日中はイベントを控えて製作があり
夜勤は、ヘルパンギーナや熱中症、熱性痙攣などで走り回っています。


最近、疲れが取れにくく、気持ちの切り替えが難しいことも多いので、この歳になっての両立の難しさをヒシヒシと感じますが、自分でバランスをとりながら どちらにもマイナスにならないようにしないとしないといけないですね。


あんまり迷惑をかけるようなら、どちらかを辞めることも考えないとかなあ〜

いけない、いけない、気持ちが弱くなってるわ。

新人さん
 
やっと、新規に採用された方の研修が始まりました。

私は、今の職場に採用になったとき

数年のブランクがあり、勘を取り戻すまで

みんなに迷惑をかけたんですが

今度採用になった方は、バリバリの現役の方なので

すぐに研修も終わりそうです。



人手が不足していた時は、みんな少しづつ

無理をしながら頑張っていたのですが

6月からは すこし余裕を持てそうです。


私も、日曜日にお休みがいただけることになり

すごくほっとしています。


6月からは、日曜日のイベントや 蚤の市などにも

遊びにいけるぞ〜〜〜!

やったぁ〜 


さっそく、6月17日(日)に 王丸市場で開催されるイベントに

参加応募をしました。

イベントも、頑張ります。
人手不足 その後
 
ぐちぐち ぶつぶつ ばかりの記事でしたが

ここにきて ようやく 人手不足解消かも…


実は、新しいスタッフを採用する方向へ向かっているのです。

採用されても、しばらくは 研修だから

すぐには、勤務は楽にはならないけど

でも、一緒に 頑張ってくれる人が 入ってくれたら

うれしいな。




新人さんに教えることは

自分自身を振り返ることにもなるから

いい勉強の機会になります。





明日は、ミーティングのあと、みんなでランチしています。

ゴールデンウィークに向かって 

これからも、気をひきしめて

頑張らないとね。



人手不足
年度末は、スタッフの入れ替わりがある時期ですが、今年も急な辞職な勤務交代がありました。

来るゴールデンウィークは、29、30日 そして 3、4、5、6日
長いな〜。

日勤は少しづつ減らしていこうと思っていたんだけど、この状況では 新しいスタッフが入るまでは、今まで以上に勤務しないといけないようです。

なかなか思うようにはいかないなあ。


久しぶりの更新
このブログにも書けないほどのいろんなことがあって、今の職場環境に対してやりきれない思いでいっぱいです。

でも、この仕事は好き…。

なんの仕事でも、すごくいい環境ってないだろうし、わがままな悩みなのかもしれません。


でも、私の中で、確実に何かが変わろうとしています。


情熱? 意欲? 興味? やりがい?


あんまり考えすぎるのもよくないかな。


割りきらないといけないんだろうな…。



インフルエンザ流行中
JUGEMテーマ:仕事のこと





今年も、インフルエンザがやってきました。

昨日の勤務では、ほぼ8割が インフルエンザ もしくは

陰性だったけど 限りなく 疑わしい …



来院されたほとんどの患者さんに検査を行ったので

くるくると 目が回る忙しさでした。

検査キットも底をつきそうな勢いです。



でも、私の感じたことなんだけど

なんとなく今年のインフルエンザは

数年前にくらべて、熱もそこまででないし

重症感がないみたい。

先日なんて、熱もなく、ちょっと鼻水がでるくらい

ただ、体がだるいと言われる方が インフルエンザ陽性だったので

ドクターのほうが驚いていました。



そうは言っても、やっぱりインフルエンザは

風邪よりきついよね。

感染しないように、ゆっくりできるときは休養しないと。

元気でこの冬を乗り切りたいです。


正月勤務がおわって…
JUGEMテーマ:仕事のこと
 
4日の夜勤勤務で、お正月勤務が終わりました。

今年の年末年始は、インフルエンザがさほど流行していなかったので

比較的楽かな…と思っていましたが

とんでもない!!!

かわりに、感染性胃腸炎や 咽頭炎 小児は 肺炎 が多く

レントゲンや採血 点滴などの処置で

スタッフは 走り回っていました。


そんな多忙の中の 電話のクレーム対応

新年一発目がこれだったので

一気にテンション ↓↓


お話を聞いても、ちょっと 納得がいかないクレーム

でも、どうであっても 気分を害されたことは 確かなのだから

きちんと説明して謝罪しました。

あとで、当事者に確認したら、事実とは違っているので

やっぱりね〜と思いましたが

ま、これも、私たちのお仕事のうちなのでしょうか。

だまって打たれる サンドバッグのようだわ

と、やりきれない思いを感じてしまった正月勤務でした。

心で話すと きっと 伝わる と信じているけど

そうもいかないことって あるのよね…

悲しいけど。



正月勤務開始
JUGEMテーマ:仕事のこと
 


さて、年もおしせまってきましたが

今日から、わが職場は お正月勤務に入ります。

他の病院がお休みの中、24時間ずっと診療するのです。

今日の午後から 診療スタート!

私は、スタートから 夕方5時までの勤務で

あとは、夜勤スタッフにひきついできました。

帰宅したら、かんたんな鍋料理で夕食…

かずのこは 塩抜きして 味付けしたし

明日はお休みなので 買い物や掃除です。

そして、新年は 元日 ・ 3日 が 日勤

4日が 夜勤と続き

ようやく、そのあと 私のお正月です。



今年は、落ち込むことが多くて、

もう立ち直れないかな…

と 離職を覚悟したこともありましたが

働いていると

「やっぱり この仕事が好きだな」

と思います。



自分にあってるとか あってないとか 悩むよりも

とにかく体を動かして、患者さんと 接してみる。

そこから、自分の進む道が みえてくるかな

と思うのです。

今日も、忙しかったけど 楽しかった…



お正月に病気になるなんて お気の毒

できるだけ 安楽に 早く 軽快されるよう

全力で 病気と戦うお手伝いをしたいと思います。












ほんとうの心遣い
JUGEMテーマ:仕事のこと
 

先日の 勤務中のできごとです。

私が受け持った患者さんは、めまい・嘔吐が主訴の

50歳代の女性

めまいを改善する薬剤を入れた点滴処置をするため

6人部屋の点滴室へ案内しました。

点滴処置が終わり、すこし お話していると

熱性痙攣で救急車で搬送されてきた 2歳くらいの男の子が

入室してきました。

火がついたように泣き続け、泣き止む気配がありません。

熱も高いし、突然環境が変わったので、泣くのもあたりまえなんだけど

お母さんは、点滴室をでて ロビーに出て行かれました。



すると、その めまいの患者さんが

「赤ちゃんは泣くのがあたりまえ…具合も悪いんですもの

私は全然 大丈夫だから、戻ってくるように伝えてくださいね」



自分が辛いときに、他人にやさしくできる

それって、そうそう できるもんじゃない

私だったら、どうなんだろう

できるのかな



素敵な女性に出会えて、考える機会をいただきました。

ありがとうございます。

私も、あなたのような女性になれるよう、心がけます。



腰をすえて がんばります
 最近、職場で ドジをしたりして 落ち込むことがいっぱいあって

「もうこの仕事も、そろそろ 無理なのかな」

と自信がなくなっていました。

それに加え、職場の環境も 重症の患者さんが来院することがおおくなり

今までよりいっそう 冷静な判断力と 機敏な行動が

求められるように なってきたんです。

なので、自信がない私にとって、仕事が怖くて怖くて…



つい最近、職場でもご一緒する 近所で小児科を開業されている

先生から  「手伝いに来てくれませんか?」

とお誘いをうけました。

なんでも、一人欠員ができて、困ってるとか…


毎日ではないので、 お受けしようかと思いました。

そして、ゆくゆくは、今の職場をやめて、そちらに移ろうか…



でも、よくよく突き詰めて考えてみたら、それは、今の職場からの 「逃げ」になるのではないか。

と思い直しました。

職場環境が厳しくなってきたから 一人だけ逃げるのではないか…



そんなとき、主任さんが、 ある話のなかで

「うちの職場のナースは どこのナースにもまけない素晴らしいナースだと

胸を張って言える」

と言われたんです。


その言葉を聞いて、恥ずかしかった…

一人だけ、「逃げ」を 考えてた自分

楽になることを考えてた自分


主任さんにそう言ってもらえるだけのスキルを、もっともっと身につけよう

みんなと一緒に、歯を食いしばって 頑張ってみよう。




自信なんてぜんぜんないけど、 まだ頑張れるはず

自分のため  そして 一番は 患者さんのため


毎日に安易に流されず、 日々精進していきます。